発達障害はDHA・EPAで改善するの?

発達障害はDHA・EPAで改善するの?

DHA・EPAは発達障害の方が特に必要とする成分です。

 

DHA・EPAをしっかりと摂ることで、脳の神経細胞の連携をスムーズにし、脳内の情報伝達力を高めると言われています。

 

その結果、発達障害が原因で起きる日常生活の困りごとも減らせる可能性があります。

 

DHA・EPAの効果の詳しいところについてまとめてみました。

 

発達障害へのDHA・EPAの効果

発達障害は脳機能に起きている障害が原因と言われますが、DHA・EPAには脳の神経回路の機能性を高める働きがあるとされています。

 

DHA・EPAとは?

DHA(ドコサヘキサエン酸)・EPA(エイコサペンタエン酸)は、いずれもオメガ3脂肪酸と呼ばれる脂質の一種です。

 

脂質というと、体脂肪を気にされる方にとってはあまり良い印象がないかもしれませんが、オメガ3脂肪酸は「いい油」と言われているくらい健康に役立つ脂質として知られています。

 

DHA・EPAを含む食品として、まず筆頭に挙げられるのは、マグロ・イワシ・サバなどの魚類です。

 

蒲鉾などの加工品や魚の缶詰にも含まれますが、魚関係以外では豚肉や卵黄などに含まれるもののごく少量です。

 

ですから、DHA・EPAを十分に摂取するためには、魚やその加工品を毎日食べるか、サプリで摂取するかということになります。

 

発達障害を楽にする理由

発達障害の方は、脳機能の障害ゆえに発達の段階で脳の働きに偏りが起きていると言われています。

 

そのために、特定の事については常人よりも優れた能力を発揮することがありますが、別のことに対しては極端に低い能力しかもっていないということが起きてしまいます。

 

例えば、部屋を片付けることや物事を順序立てて進めていくことが極端に苦手ということがあるようです。

 

このような苦手は、そもそも脳内の情報伝達が上手くいっていないためだと述べる専門家がいます。

 

特に脳の離れた部位同士の連携が上手くいっていないために、生活面の様々な支障が現れるようです。

 

DHA・EPAは、人間の体内では脳神経の細胞膜を構成します。

 

神経細胞の細胞膜にDHAが多く含まれるほど、細胞膜は流動性や透過性が高まり、情報伝達もスムーズいくようになります。

 

ですから、DHA・EPAを十分に摂取しているならば、まだ神経回路が発達途上にある低年齢の子供にとっては発達面での障害の改善が期待できますし、すでに成人している方にとっても脳機能の向上が期待できるかもしれないというわけです。

 

もちろんDHA・EPAを摂取しただけで、脳の神経回路が向上していくわけではありません。

 

療育やソーシャルスキルトレーニング、生活訓練などを行い、脳神経に刺激を与え続ける必要があり、その効果を高めるものとしてDHA・EPAが役立つということになります。

 

DHA・EPAと発達障害に関する研究について

近年では発達障害を診断されるお子さんが増えていて、小中学生の15人に1人の割合で発達障害の可能性があると言われています。

 

また大人の発達障害にもスポットが当てられてきており、これまでの生活面の大変さが発達障害によるものと認識することで、正しい対処の仕方がわかり楽になったという方もおられます。

 

発達障害とは先天性のもので脳の機能障害が原因とされています。

 

発達障害で診断されるものは大きく3つに分けられ、@ASD(自閉症スペクトラムやアスペルガー症候群)AADHD(注意欠如多動性障害)BLD(学習障害)となっています。

 

現在ではこれらの発達障害についての研究が盛んに行われており、さまざまなことが分かってきました。

 

オックスフォードダーハム研究所やドイツやアメリカのそれぞれの研究グループが発達障害の子供とオメガ3脂肪酸が脳に与える効果について研究をした結果、どのチームもDHAが発達障害の改善に期待できるという報告がされています。

 

発達障害をもつ子供はオメガ3の血中濃度が、そうでない子供と比較して低い、ということも研究によって分かってきました。

 

発達障害についての研究はまだまだこれからという部分もありますが、現状においてはオメガ3脂肪酸であるDHA・EPAが発達障害の改善に有効であるというデータはかなり出てきているようです。

 

整った栄養バランスが発達障害の症状改善のカギ

発達障害の症状に栄養の改善が有効である、という研究報告は他にもあります。

 

ノーベル賞科学者のライナス・ポーリング博士が体系化した分子整合精神医学は、知的障害児の栄養障害を改善することで知的能力の向上を目指す栄養療法です。

 

この研究では知的障害児にビタミンB群を大量に投与したところ、IQ70以下の発達の遅れのあった子供たちの30%について、IQを90程度まで引き上げることに成功しました。

 

発達障害の人は情報処理を行う為に、必要以上に脳を使う為、脳の栄養素を大量に消費して、脳が疲れやすく、脳が栄養不足の状態であると言われています。

 

脳の発達や活性化に必要なDHAは脳の神経細胞膜に含まれている為、不足すると情報伝達に支障がでるとも言われています。

 

脳の神経細胞の成分の3割は、オメガ3であるDHA・EPAとされていますので、これらは脳にとっては重要な栄養素です。

 

しかし、それだけでなく脳の働きを活性化させるためにはビタミンやミネラルなどの成分も欠かせません。脳の神経細胞にはビタミンB群も多く含まれていて、神経伝達物質の生成と深く関わっています。

 

ビタミンEは血流を促す効果がありストレスにはビタミンCが欠かせません、また、ミネラル成分がセロトニンやドーパミンを生成しますので精神の安定に役立ちます。

 

これらが不足すると神経過敏や睡眠障害を引き起こしてしまいますので、やはり栄養のバランスを整えることが重要となってきます。サプリメントなどを活用しながら栄養のバランスを保つように工夫しましょう。(発達障害改善研究所.jpより)

 

発達障害改善のためのDHA/EPAサプリの選び方
発達障害の症状緩和に役立つとされるDHA/EPAですが、体内で合成することのできない成分ですから食品やサプリメントで摂取することになります。

 

魚からDHA/EPAを摂取することの注意点

DHA/EPAそのものを食品から摂取するには、やはり魚やその加工品を食べることが中心となります。

 

魚料理以外に缶詰や魚肉ソーセージなどもDHA摂取に役立ちます。

 

しかし、近年は魚ばかりを食べることで逆に健康面で心配な点があるのです。

 

というのも、食物連鎖で水銀やカドミウムなどが魚の体内に蓄積されているといわれているからです。

 

特にマグロやカジキなど大型の魚が要注意ということで、ツナ缶なども心配になってきます。

 

水銀という有害物質は、日本では水俣病の原因ともなりましたが、神経に重度のダメージ(中枢神経障害)を与えることで知られています。

 

せっかく脳神経の機能を向上させようとしてDHA/EPAを摂取するのに、そのことが逆に神経に悪影響を与えるなら意味がありませんよね。

 

青魚や小魚は比較的リスクは少ないようですが、よほど好きな人でない限り毎日食べるというのはちょっと大変です。

 

だからこそ、サプリメントを上手に活用していきましょう。

 

DHA/EPAサプリを選ぶ3つのポイント

DHA配合サプリは、市販・通販で様々なものが出回っています。

 

値段も配合内容も色々でいったいどのようなものが良いのか迷いますよね。

 

ここでは発達障害の改善という面から選ぶ際の3つのポイントを取り上げます。

 

1 水銀のリスクが低いもの

すでに述べたとおり、水銀は神経に対してのダメージを与える可能性があります。

 

その点では、過去には歯科治療の詰め物として水銀アマルガムというものが使われていたことがありますが、これも発達障害の症状を悪化させるとされています。

 

DHAサプリメントに関しては、魚から抽出した油が原材料として使用されることが多いですが、きちんと水銀検査が行われているかどうかは大切なチェックポイントです。

 

あるいは、原材料として魚の代わりにオキアミから抽出したクリルオイルや藻などが使用されている場合は、水銀リスクは低くなりますから、そのようなものを選ぶようにしましょう。

 

このページでご紹介しているサプリについては、すべて水銀検査が行われているか、原材料に水銀含有の可能性の低いものを使用している製品なのでご安心ください。

 

2 酸化防止の対策

DHA/EPAは酸化しやすいことで知られています。そして酸化すると実際に栄養として吸収される量は低減するようです。ですから、酸化防止のためにカプセルであったり、配合内容に対策がなされているかどうかも確認しましょう。

 

3 DHA/EPA配合量

やはり最後は配合量で決まります。DHAに関しては体内に蓄積された余分なものは排出されますし、過剰摂取による害もほとんど考えられませんから、むしろ不足しないように注意しなくてはなりません。

 

DHAの推奨摂取量は1日1,000mgとされていますが、これはサンマの焼き魚で1尾ぐらいに相当します。それぐらいの量の魚を毎日食べているご家庭は多くはないことと思います。

 

実際のところ、全年代においてDHA/EPA摂取量が足りていないという調査報告があります。

 

このように気をつけていないと不足しがちな栄養素だからこそ、サプリでもなるべく配合量の多いものを選び、十分に余裕のある摂取基準で毎日過ごすことが大切なのです。

 

特に発達障害の改善のための取り組みを行っている時期はなおさら量の面でしっかりと摂取していきましょう。発達障害の改善に役立つ食事

page top